カルチャースクールで学ぶべきお勧めの日本文化とは

日本人として日本の文化を知る

友達に紹介する

まずは、身近な友達に普及するのがよいでしょう。
特に自分が興味を持った文化について話すことができればよいですね。

いくらその文化を学ぶことが楽しくても、自分ひとりでカルチャースクールへ通うよりも友達と一緒に通うほうが楽しいです。
また、友達と一緒に楽しむことで日比野会話の中にもその文化の話が入り、それを聞いたほかの友達にも広がるという副作用的メリットも考えられます。

カルチャースクールにお子さんを通わせるのであれば、同じ学校の友達と一緒に始めるのもよいかもしれません。
先ほどの囲碁でも、一人で通っている生徒よりもライバルと競い合っている生徒のほうが上達が早いというデータがはっきりと出ています。
それほど、一緒にいてくれる友達の存在は大きいのです。

先生の話をよく聞いて理解する

文化にも色々な芸術がありますが、その多くには流派というものが存在します。

この理由は様々ありますが、その文化に対する解釈の仕方が異なるという原因が大きいです。
囲碁で言えば、勝ち負けにこだわるスポーツ派の人々と、勝ち負けよりも内容の美しさを重視する芸術派があります。

先生の話をよく聞いて流派の意味を理解することは、あいまいである日本文化という存在に対して自分の独りよがりに夜解釈が発生するのを防止します。

先ほど述べたように、文化を学んでそれを拡散するという任務がある以上は、語か死した文化を拡散するとカルチャースクールの意味がなくなるどころか、文化の消滅にも繋がりかねません。

よく外国で日本料理店に行って、全然違ったときのがっかり缶がそれですね。
文化は正しく理解してこその文化です。
それを継承していくには責任があることも理解しましょう。


この記事をシェアする