カルチャースクールで学ぶべきお勧めの日本文化とは

囲碁をやっていると得する可能性がある

幅広い年齢の人と関われるようになる

カルチャースクールの先生は、多くはお年寄りです。
しかし、習う方はお子さんが多く、そのほとんどはポピュラー文化を習います。

一方囲碁は、ある程度ご年配の方が多く、子供の姿は少ないです。
まれに見るお子さんは、その中で育っています。

そこようなお子さんに共通するのが、大人に対しての礼儀がしっかりしていること、そして年齢の違いに怯えず対等なコミュニケーションが取れることです。

一般に学校や塾だけで育ってきた子供はご年配の方に対して苦手があったり、話ができなかったりする場合があります。
それは社会に出てから大きな障害となるのは言うまでもないでしょう。

囲碁を習うということは、同じく囲碁を習う幅広い年齢のかたがたと関わるチャンスをもらえることなのです。

文化に対する理解が深まる

カルチャースクールに通う目的としては、日本の文化を理解することが大きな目的となります。

それは、小さい頃から日本の文化に振れることで、将来様々なものの見方ができるようになるという利点があるからです。
日本の文化を理解するという意味でも、囲碁は最適な文化だといえます。

囲碁の世界では、大きな試合を地方各地の名所で行うという風習があります。
これによって地方の活性化になったり、その土地のよさをより多くの人に知ってもらえるという利点があります。

囲碁に興味を持つと、自然とそのような土地に興味を持つようになります。
こうして、囲碁に興味を持つことで、それによって繋がるほかの文化への興味を持つきっかけにもなるのです。


この記事をシェアする